狭い土地でも広く見せるコツ

視覚的な演出効果で広い空間を実現

いざ家を建てようとなった時に頭を悩ます問題の一つとして家の広さがあげられます。費用の関係もあり誰もが広い土地に広い家を建てれるわけではありません。けれども工夫次第で広い空間に感じる家にすることが可能です。まず天井が高いと同じ面積の空間でも広く見え、圧迫感を感じません。ところが一戸建てを建てる際に一般的な高さよりも家全体を高くするとかなりの費用がかかってしまいます。しかし一部分を吹き抜け天井にし、高い部分とそうでない部分を作ることで視界が上がり広がる様に見える効果が得られます。家全体を高く建てる必要がないため費用を抑えることが可能です。さらに明かりとりの窓を備えることでより開放感を演出できます。視覚の広がりを作ることで実際よりも広い空間を演出します。

色や配置場所が与える効果とは

限られた空間でも選択するインテリアによって広く感じる部屋を作ることができます。まず部屋をすっきり魅せることが重要です。物が多い雑然とした部屋は圧迫感を感じさせるため実際の面積よりも狭いイメージを与えます。収納一つにとっても扉がついていて中が見えないものの方が整然と見えます。そして多くの家具を置くよりも備え付けの収納スペースを確保する方が壁の凹凸が少なくなるためスッキリと見せることが可能です。備え付けの収納は後から設置することが出来ないため事前にじっくりと考えることが大切です。さらに白や淡い色のインテリアを用いることで広く見せる効果が期待できます。特に天井に近い部分に黒や濃い色のものを配置すると圧迫感を感じてしまいます。空間は配置する物の場所や色で大きく左右されるため選ぶ際に注意しなければなりません。

© Copyright Income Families. All Rights Reserved.