和室と洋室のバランスの考え方

注文住宅のこだわり事項

注文住宅を建てるときは自分をはじめ家族と相談をして各部屋ごとにこだわりを持つことをお薦めします。こだわることによって完成後の達成感や満足感がちがうと思います。リビングは基本的に家族全員が一同にくつろげるよう心がけたいです。キッチンはやはり母親の意見を一番に考えて設計することをお薦めします。ダイニングは家族全員が一同に食事ができるようにかんがえて設計しましょう。子供部屋は各子供の希望を聞いてなるべく希望に添うように設計することになるでしょうか基本親が決めるのが正しいと思います。こだわりの順位をつけて1つづつ決めていくことも大事だと思います。そうすれば家族の意見がバラバラにならずスムーズな設計が期待できます。

各部屋の設計内容検討

日本人であれば是非和室を儲けたいものです。和室をリビングにするのかダイニングにするかは難しい選択ではあります。私は和室はリビングがふさわしいと思います。なぜならリビングとダイニングは家族一同が寛いだり食事をしたりする部屋ですが、年代にもよりますが寛げる部屋はやはり和室ではないでしょうか?以前社員旅行で伊豆の旅館に泊まったのですが部屋に入るなり若い社員が寝ころんで「畳っていいですね」と 行ったのが印象に残っております。なぜかと聞いてみたら本人はマンションをローンを組んで購入したのですが和室がないそうです。日本の住宅事情もかわっていくのだなと思いました。和室があることで日本人の生活の歴史も感じられますし是非に和室をリビングに活用してください。

© Copyright Income Families. All Rights Reserved.